スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by    at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

チョ~コラーゲン

我が家のブロンソン。
アレルギーのおかげでイケメン台無しのツイテないチワワです・・・が、
最近はすっかりイケメン復活。でも、まだまだ油断はできません。

ということで、最近めっきり寒くなってきたブロンソン達と飼い主の暮らす街札幌・・・
先日初雪も降って、いっきに冬になりました。

でね、冬といえば、あったかいもの。あったかいものといえば・・・

なべ

なわけで・・・。でも、我が家には人間は1名しかいないので、一人なべとか、寂しいじゃないですか。
かといって友達誘ってわいわいやるのも面倒というか、それなら、外食したいじゃないですか。
ビール片手に飲んで食って後片付けも食事作るのも他人任せって素敵やん。

なので、実家に行ってきました。

なべセット持参で・・・

なぜ、私がここまでなべにこだわっているのかと申しますと・・・

DSC06531.jpg
こんなん買ったから(*´∀`)コラーゲン玉コラーゲン食べたかったから!!なのです。

でね、画像はないのですが、これまた、鍋の素なんか使ってみたり、鶏肉がっつり入れて・・・

明日が楽しみだわぁぁぁぁ

(*´∀`)な飼い主。

で、それを黙ってみていないといけなくなったブロンソン達の食事はね・・・
DSC06527.jpg
ヘルシー野菜とササミに見せかけたカジキマグロのおじやなのです。

最近肉ばっかり食べていたブロンソンと同居犬達・・・

これじゃイカン!!!とね、考えた飼い主。見た目だけ肉にしてみました。
でも、このままじゃ食べないので。野菜は鶏がらでとったダシ汁で煮込んだコチラもコラーゲンタプーリのご飯でございます。

明日楽しみだなぁぁぁ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
ポチっとしていただけたら光栄です。
スポンサーサイト
by    at 00:00 |  成分 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

夏だしスイカ。

我が家のブロンソン。
アレルギーのおかげでイケメン台無しのツイテないチワワです。

さて、飼い主こと、ワタクシ。普段から色んなニュースを見るようにしているのですが、今日目に留まったのが、こんなニュース

スイカとかのウリ系の食べ物から得られるアミノ酸のニュースなんでが、このアミノ酸の名前が

シトルリン

と申す物質です。

でね、これ実は2007年の8月に日本で食品として取り扱えるようになったもの。

で、このシトルリン、筋肉増強・疲労回復・冷え性・抗酸化作用など・・・とてもたくさんの効果があります。

で、シトルリンて、体内で一酸化炭素を作りだすのですが、この一酸化炭素。血管を拡張させて、血流をUPさせる効果があります。

ということで・・・発毛剤や精力剤なんかによく使われているのです。

DSC05669.jpg
ということで、夏だしスイカでも食べるかい???

でただ単にウリを摂取しても、充分なシトルリンを摂取できないので、ビタミン・ミネラル・酵素を一緒に摂取しないとね☆

ちなみに・・・
ビタミン⇒色の濃い目の食べ物
ミネラル⇒海の食べ物
酵素⇒発酵した食べ物

※ウリ系の食べ物だけでは、充分なシトルリンを摂取できないらしいので、すばやく効果を実感したいときは、サプリメントなどと併用をするようにね♪
by    at 20:55 |  成分 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

涙君さようなら~

我が家のブロンソン。アレルギ持ってます。
日々試行錯誤して、なんとか改善されないものかと奮闘中です。

が、今日は同居している別のワンコの話。
DSC03853.jpg
この方。エルと申します。

エルはメスのチワワなのですが、他の子よりも涙がでやすくて、すぐに目の下が赤茶けてきます・・・

涙やけというものです。

涙と言うものは、通常、角膜を細菌やゴミから守る為とか、水晶体を酸化させないために自然と流れているものなのですが、涙腺⇒涙点⇒鼻腔へと流れていく過程で、涙管といわれる管のようなものがあって、
ソコが詰まってしまって『流涙症』というのになってしまいます。

特に鼻の低い子や目が飛び出ている子に多い症状です。

なぜ目の下が赤茶けてしまうのかというと・・・涙に含まれている塩化メゾチュウムという成分のおかげなのです。この成分のおかげで毛が焼けてしまっているのが涙やけの原因。

このほかにも、逆まつげだったり、結膜炎だったり、遺伝だったり・・・と理由はあるのですが、

まず、流涙症か他の原因かを調べる為にも病院で診察してもらうのがいいと思います。

幸い我が家のワン達は気になる!!って程の涙やけはしていません。エルも気になったときにマメに拭いてあげるだけでもかなり軽減されます。

ちなみに涙管の詰まる主な原因とは?

フードやおやつに含まれている添加物だったり、カロリーやタンパク質の摂りすぎ。塩分や糖分の過剰摂取。後は、激しい運動の後なんかも、管が縮んで詰まりやすくなります。

でもね、ビタミンやミネラルを沢山摂取する事で個体差はあるかとおもいますが、改善されるのです。

例えば、ミネラルでいえば、
亜鉛・イオウ。
これらは皮膚や毛などの発育に大きく関わるミネラル成分です。
アレルギも一緒。
亜鉛やイオウが不足すると免疫力が落ちてしまうので、皮膚炎になったり、脱毛症になったり・・・

ビタミンだと・・・
B2・葉酸・C・A
コチラも代謝を促したり、アミノ酸の合成のお手伝いをしたり、皮膚の再生を促したり・・・

こんな難しい事を考えてご飯を与えるよりも、自然のモノ以外はなるべく与えないようにして、適度に運動!!
そして、バランスよくご飯を沢山食べる事!!あまり偏った食生活をしていなければ、どれかが不足になるという事はないそうです。

そして、気になったときにはこまめに拭いてあげるのが、コミュニケーションにもなって一石二鳥かしら・・・

参考までに☆
by    at 21:39 |  成分 |  comment (4)  |  trackback (0)  |  page top ↑

おいしくきのこ♪

アレルギ治療中のブロンソン。
毎日手作りのご飯やらアロマやらハーブ・・・三昧なワケですが、
一体当の本犬はどう思っているのか・・・

という事で、今日はビタミンD

ビタミンDはカルシウムやリンなどを摂取した時に体にきちんと吸収するために必要な成分。

普通は紫外線に当たる事で自然と体内で生成される成分ですが、ウチのブロンソンが暮らす札幌など、冬季外に出られないとか、日光に当たれない子は積極的に摂取したい成分なのです。

ウチのブロンソンは散歩は大好きなのですが、中々日光が出ている時間に散歩に行けないので、
食事にきのこ類を沢山入れて与えております。

でも、これから散歩が楽しい季節になるので、しばらく食べなくてもよくなるかなぁぁぁ
by    at 20:58 |  成分 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑

ビタミンAとカロテン

最近は皮膚の炎症や、脱毛は全くなくなりました。



やはり今でも、右目だけは良くならない・・・

という事で、今日は皮膚の事について調べました。

まず、我が家のご飯。基本的にはアレルギー要素になる食品は使わない!!
をモットーに作っておりますが、少量をあえて与える事もあります。
と言うのも、食べれない食品にはとてーもいい成分が入っているから。
一緒に住んでいるほかのワンコと同じ量は与える事はデキませんが、ちょっとだけでも、平等な気分を味わってもらえたら・・・それになにより。免疫を作る為。

という事で、そういったアレルギ要素のある食べ物を食べても皮膚の健康を保つには。
やっぱりビタミンAなのです。

ビタミンA
ビタミンAは、発育を促進したり、肌の健康を維持したり、暗いところでも目が慣れて見えるようになる機能(視覚の暗順応)に関わったり、さらにのどや鼻などの粘膜に働いて細菌から体を守ったりなど、たくさんの重要な役割を持っています。グリコ~栄養成分ナビゲータ~)

そして、
カロテン
β-カロテンには、ビタミンAの作用をするという働きのほかに、有害な活性酸素から体を守る抗酸化作用や、免疫を増強する働きがあることがわかってきています。
  また、β-カロテン自体がどれだけ役立っているかははっきりしないものの、β-カロテンが豊富な野菜や果物を十分に摂取することによって、心疾患やある種のがんのリスクが低減することも示されています。
グリコ~栄養成分ナビゲータ~)

つまり、ビタミンAを摂取する事で、皮膚や、細胞の発育が助けられるという事になるという事は・・・

デトックス効果があるのでは・・。と考える飼い主なのです。

なおかつ、カロテン(カロチン)を摂取するという事で、抗酸化作用が得られるので、免疫力アップなのでは・・・と考えております。

ちなみに、ビタミンAを多く含む食材はレバー・緑黄食野菜・乳製品
カロテンを多く含む食材は、緑黄食野菜・かんきつ系の果物

ビタミンAが不足すると、目が暗いところや明るいところに順応する事が出来なくなったり、皮膚が固くなって、角質がボロボロになります。免疫力も下がるので、余計な病気になりやすくなったりしてしまうので。必ず摂取するようにしたいものです。

カロテンは・・・と言うと、カロテンは体内に摂取されるとビタミンAと同じ働きをしてくれるので、不足しても・・・という事はないようですが。コチラも積極的に摂取したいものですな~。
by    at 23:34 |  成分 |  comment (2)  |  trackback (0)  |  page top ↑
自己紹介

 

Author: 
更新する人⇒kumi
かわいい愛犬のためにアレコレと何でも試す人間。

主役⇒BRONSON
オスのスムチ・現在3歳
アレルギのおかげでイケメン台無しのツイテないやつ

。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆

更新不定期です。
ブロンソンのアレルギーになにかいいアイデアがあればぜひ教えてください。

。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆!

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

本家ブログ
ブロンソンの同居犬達も登場するブログです。 ついでに見てく??
愉快なチワワンコ
ブログランキング
参加してみたり・・・
FC2ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最新コメント
リンク
リンクはフリーです。でも、教えていただければうれしいです。
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。